食べ旅

旅先や日常で食べまくっている日記。たまに観光もしてます

(横入り記事)You 山陰、行っちゃいなYO。

ふっこう割に期限があるので旅日記途中の横入り。

山陰に行ってみたいけどきっかけが無いという方の背中を押せたらいいな、という記事です。

押すなよ押すなよ!って方はこの際押されちゃってくださいよ。

とにもかくにも寝るところがないと!ということで。

宿泊施設:期間限定ふっこう周遊割(最長で地域により2018年12月まで適用)→2019年1月31日宿泊分まで期間延長

対象地域内2泊以上でふっこう割が利用できます。

宿泊後に自分で申請や旅行会社で最初から割引かれたプランなどがあります。

fukkou-shuyu.jp

地域により金額は異なりますが、一泊につき「一人あたり」最大6,000円、補助が出ます。鳥取・島根は11月中2019年1月31日の宿泊まで適用で、一泊一人あたり4,000円です。(期間延長、10月25日公式サイトにて確認)

補助の予算に達するまでという上限があるので、早めの利用が良いようです。

 

現地での移動について。

ほんとに時間が無い方はお金をかけてでもレンタカーやタクシー貸切で巡るのでしょうが、電車やバス移動でOKという方向けの、公共交通機関のオトクなパスをご紹介します。

電車は大都会と比べると本数が限られていてちょっと不便ですが、バス網が発達してて、上手に乗り継いだらとても便利です!

 

1.出雲大社と神社めぐりを満喫したい派

縁結びパーフェクトチケットがオススメです。提示すると割引になる施設やお店もあります。バスだけでなく一畑電鉄の電車でも利用できます。

www.san-in-tabi.net

 

出雲と松江エリアで3日間有効、3,000円。

JR以外のバスと電車乗り放題でこのお値段、さらに一部の空港シャトルバスも利用できるのです。

松江レイクラインの一日乗車券もこのチケットで引き換えられますので、出雲大社近辺と松江観光、その間の沿線にある神社めぐりが出来ます。

島根県側で強い威力を発揮します。

 

2.鳥取藩のりあいばす乗り放題手形

鳥取県内の路線バスがほぼ乗り放題で3日間有効、1,800円。

形状は昔ながらの手形タイプ(お土産用?)と、カードサイズの紙タイプと選べます。

www.nihonkotsu.co.jp

ありがたいことに、鳥取空港米子空港の一部空港線、それから、米子ー松江の路線バスも利用できます。

大山るーぷバスも利用できますのでるーぷバスのシーズンだったらこれは一押しです。

(るーぷバスは30分~1時間に1本なので、時刻表の確認は大事です)

鳥取県内をバスでぶいぶい言わせてちょっと松江に行って見たいな、ならこちらがオススメ。

わたしは次回こそ投入堂に参拝したいので、倉吉駅からこのパスを利用してバスに乗車予定です。本数が少ないのが;;

 

3.山陰満喫パス

tickets.jr-odekake.net

2日間有効の特急自由席も乗れるチケットです。2名以上から購入可能で、一人4,000円。

米子-倉吉往復を特急に乗ったら元が取れるという。

さらに、観光施設の割引やちょっとしたパンフレットのオマケもあります。

あめつちグリーン券がゲットできたらこのパスであめつちに乗れます。

 

4.松江市内観光

 これはぐるっと松江堀川めぐりかぐるっと松江レイクラインパスで。

堀川めぐりは移動+観光が一度にできるので、滞在時間が短い方に是非ご利用いただきたいです。船頭さんの案内や歌がいい!

松江城周辺で三ヶ所乗船場があり、1日乗り降り自由です。松江城と周辺をちょっと観光というときに便利だと思います。

冬はこたつ船になります。

ただし、松江駅から一番近い乗船場まで徒歩20分くらいかかりますので、あまり歩きたくない方は市バスを利用して大橋北詰か南殿町で下車してカラコロ広場乗船場へどうぞ。

www.matsue-horikawameguri.jp

  

イクラインバスは松江市内を小刻みに移動して沢山の名所・旧跡を周りたい方にぴったりです。

1日松江に滞在できるならこちらでじっくり周るのもいいと思いまーす。

matsue-bus.jp

 

5.各地域から山陰まで

関東から:JALで羽田ー出雲、ANAで羽田ー米子、JR、夜行バスあり

関西から:高速バスもあるし、山陰めぐりパス(JR)もありますよー(高速バスは4時間半でした)山陰めぐりパスはどっかまで新幹線で、その後特急です。使ったことが無いので良く分かってなくてすみません。

tickets.jr-odekake.net

愛知から:FDAで名古屋ー出雲(1時間)、高速バス大阪経由で名古屋ー大阪ー米子、夜行バスあり

堀川めぐりの公式サイトに分かりやすいアクセス案内ありました^^

www.matsue-horikawameguri.jp

 

 

6.予習

こうの史代著: ぼおるぺん古事記(全3巻)

書き下し文ですが、絵と注釈があるので分かりやすいです。スサノオさんがとってもキュート❤

www.heibonsha.co.jp

 

とてもオススメサイト。書籍化もされているそうです。

古事記を現代語訳っていうかラノベ風にしてみた」

超ボリュームですがコツコツ読んで読破してしまいました。キャラがそれぞれ立っていて楽しいです、制作者様の労力に感動です。ありがとうございます。

kojiki.co

 

 

ご参考と、後押しになれば^^

蟹々が禁漁なのさと、じゃあ何をするのさと山陰 その5 境港のしばたさん(蕎麦)

※しばらくは過去の食べ旅日記になります。
※本記事は2018年7月の出来事です。

 

小学生のときに感じた、投入堂を実際に見てみたい!という願いを叶えるために、そしてその後は砂丘で砂まみれになる計画で山陰に行きましたが、すでに皆様お気づきでしょう、ちょうど西日本豪雨でした。

2日目の朝、JRが全滅@松江駅

f:id:tisca:20180914210533j:plain

被害のほどが確認できなくて再開予定も分からないと駅員さんがおっしゃってました。
バスは動いていたので、米子までバス移動したのですがやはり米子駅でもJRは全線運休とのことで、これは本当に大変だと、どうやっておうちに帰ろうかと、ひどい状態なんだとこのときやっと実感しました。

 

境線は動いていたので境港に行ってみましたがやっぱりここも寒くて凍えそうでしたほんとに。

f:id:tisca:20181003190830j:plain

10時くらいに到着したのでお店は開いてました。前回工事中だった水木しげるロードも完成間近で天候不良でしたが頑張って観光しました。

体温を奪われるというのはとても疲労感があるので、雪山登山なんて無理だなと思ったり、せっかくなので妖菓目玉おやじを片手に食べ歩き、したかったけど、見た目はとてもネタに出来るのに寒くて手も震えて一口で食べるのがやっとでした。

www.kenkyujo.jp

もっと味わいたかった~><

で、今回たまたま、天候のため境港に再訪できて、そしたらこのお店行きたいなぁ、絶対美味しい!と思ってたお蕎麦屋さんに伺いました。 

www.sakaiminato.net

大盛をオーダーして、十割蕎麦、麺は極細なのにコシが有って、でもぼそぼそしてなくて長くてコシもしっかりしている極細十割そば、は実在するんだとびっくりしました。

f:id:tisca:20181003201517j:plain
一気に食べて、ご主人が話しかけてくださったので、そのまま感想をまくしたてちゃった。すみません。

そしたらご主人は、自家製粉でそばのねばりを引き出すために他のお店(しかしこの地域は蕎麦激戦区なので「他のお店」も確実に名店でしょう)の倍以上の時間をかけてゆっくりじっくり挽いています、ゆっくりじっくり挽くことで蕎麦の実の粘りが生きてくるんですよと。

こちらはそばいなり。甘辛いおあげの中にお蕎麦が入っていて、さっぱりといただきました。

f:id:tisca:20181003204446j:plain

雨と風で凍える中お邪魔したお店でとても癒されました。

境港でそば?と思われるかもしれませんが、わざわざ行く価値ありです!おすすめ!

蟹々が禁漁なのさと、じゃあ何をするのさと山陰 その4 やまいち@松江

※しばらくは過去の食べ旅日記になります。
※本記事は2018年7月の出来事です。

 

風光明媚で美味しい街、松江、わたしの行きたいお店@松江リストに10軒くらいはメモしてあるのですが数日間の滞在だとお店選びが面倒になってやっぱり外さないやまいちさんに行きたくなるんです。

なんでかな、あのにぎやかな雰囲気が好きなのかな。とてもあたたかいお店です。

メニューはこんな感じです。

f:id:tisca:20180909180822j:plain

いつも何にしようか迷うので、「観光客です、地物のオススメを食べたいです」と伝えて大将とお姉さま方にお任せして、これは?と提案されてウホっウホウホってなったらじゃあそれくださいとお願いします。

外れたことはないです。ただ、ガンさんには、ゴリラになってゴメンといつも思ってます。

お酒の種類は多くないです。なので、酒どころでいろんな銘柄を飲み比べ~をご希望でしたら他のお店がいいと思います。ただし、お店に置いてるお酒で燗がいいとか、辛口がいいとか、そのあたりは飲み方にあわせて提供してくださいますよ!

今回の地物、宍道湖七珍の一つ、モロゲエビさんの素揚げ。

f:id:tisca:20180909183924j:plain

殻が薄くてパリパリで、お味噌が詰まってて、身はしっかり甘みもあって、うまーーー!!!

続きまして、ガンさんに、これだけはどうしても食べてみたいのでいいですかと敬語でお伺いを立てた宍道湖産うなぎの白焼き。

f:id:tisca:20180909184415j:plain

美味しい白焼きに出会ったことが無く、こちらの白焼きは美味しいと評判だったけど、安くはないでしょうから、菩薩のOKを頂いてえいっとオーダー。

西日本らしい、こんがり素焼きで、脂もほどよく落ちてたからかな、うなぎ独特の臭みと言うか香りというかうなぎ臭はのこりつつ、カリカリだけどいい感じに油が残ってて、美味しかった。うわーん><美味しかった!!食べたら無くなった!!!

あとは、やっぱりおでん。

観光もあれこれしてますので、地元の方とお話する機会もあって、今日の夜はどこのお店に行くの?と聞かれて「やまいちさんです」と答えると、「あ~、おでんやさん!」と言われたことがあるくらい、おでんで有名らしいです。

んでその話を大将とお姉さま方にしたら、通年でおでんを置いている店は少ないからか、おでんやさんって思われてるのかもしれない、とのこと。

f:id:tisca:20180909190654j:plain

この卵焼きととびうおのつみれが最高なので、絶対食べてください……!

いつもは旬のものでお腹一杯になっちゃうのですが、この時は頑張ってカニコロッケをオーダーしてみました。

f:id:tisca:20180909190848j:plain

カニ身がたっぷりすぎてべっくらこいた。

今回、隣席の出張で来たと思しき方が肉豆腐でご飯をかきこんでいたので、次回は肉豆腐にチャレンジしたいです。

モロゲエビが忘れがたく、追いモロゲしました。

f:id:tisca:20180909191018j:plain

それから、〆は当然ぷりぷり大粒しじみ汁です。

f:id:tisca:20180909191111j:plain

これがやっぱりやまいちさんに来ちゃう理由なのかなぁ。

濃厚なお出汁とぷりぷりなしじみ。じんわり美味しくて。

 

こちらの近所に住んでてちょっと軽く飲みに行く感じなら、おでんをつまんで2-3杯程度なら2000円かからないと思います。

わたしは基本観光客ですので地物と地酒を頂きたいです。

こちらのお店はそうお伝えすると、オススメできる地物だけを教えてくださるの。季節はずれなのは今は扱って無いときちっとおっしゃる。そして、オススメが本当に美味しいのです。 

それから、予算を伝えてその範囲内で!という要望にも快く対応してくださるようです。これは噂で聞いただけです。いつもお邪魔するときは、ガンさんと二人で鱈腹飲んで地物を食べまくってますので……。

お腹一杯!!しあわせ!!状態で二人で15000円くらい?(今回はうなぎを頼みましたが、前回は板うに、その前はノドグロと、毎回高級皿をオーダーしてますが、お会計はこのくらいらしい、菩薩談)

普通の胃袋の方ならもっと食べないし飲まないじゃろうから、あれこれオススメを注文して、そのうち一品は高級品(今回のうなぎ白焼きにあたるやつ)をオーダーしても二人で1万前後じゃないかなぁ。

 

安さはチェーン店の方が上でしょうが、このお店ならではの良さがあるのです。一回行って見てくださいとしか言えません。

これ食べなと出してくださったワラビの煮物も美味しかった。

松江出張がある方で、アットホームな居酒屋で美味しい地物を味わいたい方は、予約して行って見てください。

おでんの鍋を見渡せるカウンターがオススメです。ヨダレでるよ。

蟹々が禁漁なのさと、じゃあ何をするのさと山陰 その3 シンジ湖付近のキッチンおかださん

※しばらくは過去の食べ旅日記になります。
※本記事は2018年7月の出来事です。

 

月照寺訪問の後の目的地はガンさんの手配によりこちらです。

島根県立美術館|エヴァンゲリオン展

終了間際だし、駆け込みで人が多そうだなと危惧していましたが、雨がひどすぎて想像より空いていました。

入り口付近で主人公のお出迎えです。

f:id:tisca:20180825194200j:plain

コンパクトカー運転手なわたしは食べ物目当てにシンジ湖にやってきましたよ!

 

入り口に展示されていた模型を撮りました。色がくっきりしすぎてて、CG感ありますけど普通に写真撮影したヤツです。模型がすごく上手に作られているのでしょうね。

f:id:tisca:20180825194234j:plain

中は撮影禁止、わたしは「へぇぇぇぇぇほぉぉぉぉぉ」と展示物を拝見しつつガンさんが追いつける程度の速度で順路を徘徊したつもりです。

あまり詳しく無いのでガンさんがこれ以上じっくり見たいって言ったらわたしはコロッケ屋さんとか、パン屋さんを巡ってちょっとおやつでも食べて後で合流したらいっかーって思ってました。

わたしが行ってみたかったのは、ミートショップきたがきさんのコロッケを使用したコロッケパンがあるというキッチンおかださん!

www.kitchen-okada.com

こちら、素敵です。本当にオススメ!!コロッケ目当てでノーマークだったのに、うほおおおおおってなりました。

わたしは米派なので、パンにはあまり萌えないのですが、こちらは美味しそうなのがありすぎてどれにしようか迷って悶えました。

f:id:tisca:20180825200329j:plain

興奮してわーわーなりましたが、ちゃんと写真撮っていいですかとお店の方にも許可を頂き、撮影しまくりでした。

f:id:tisca:20180825200420j:plain

全部美味しそうなんですよ><

真ん中のクロワッサンの焦げ目の色のばらつきが、自家製感に溢れててもう、おかださん、好き!

当初のお目当てはこれでした。きたがきさんのコロッケを使ったコロッケパン!

f:id:tisca:20180825200522j:plain

その隣の島根和牛バーガーも気になった。

f:id:tisca:20180825200606j:plain

揚げ物挟んだ系以外に普通の惣菜パンもすごくすごく!美味しそうでした。

f:id:tisca:20180825200921j:plain

それから、一番食べつくしたいと思ったのは、ショーケースです。

f:id:tisca:20180825201033j:plain

おしゃれかつ全部美味しそう。これはずるいですよ。

ここはパリなの!?それともお江戸のデパ地下なの!?

f:id:tisca:20180825201112j:plain

コロッケパン目当てだったのに、チャーシューのバインミーもお買い上げしまして、ぺロリと!

それから、下段のBLTサンドは野菜たっぷりで惹かれましたが胃袋の容量の関係で諦めました。

旅先じゃなかったら持ち帰って冷蔵庫に突っ込んで食べるときにレンジで温めという技が使えるんだけどなぁ。

今度はここでちゃんとご飯したいなぁ。

イートインスペースがなさそうだったので、持ち帰ってどっかの公園でうまうま!したい!

そのくらい、地元にあったら嬉しいと思えるお店です^^

めったに行かれないけど><

蟹々が禁漁なのさと、じゃあ何をするのさと山陰 その2 松江観光

※しばらくは過去の食べ旅日記になります。
※本記事は2018年7月の出来事です。

 

初日のお昼はおそばです。

イクラインバスに乗って小泉八雲記念間前で降り、徒歩すぐの「神代」さん。

風はびゅーびゅー、雨もそぼ降り、すっかり冷え切ってしまったので割子そばではなく温かいおそばにしようかなと思っていました。

f:id:tisca:20180821191326j:plain

温かいそばはぜんぶ釜揚げですって!!わぁい!

と喜びましたが、おすすめメニューを見て、

f:id:tisca:20180821190529j:plain

「限定○食」に弱いわたしは、冷汁おやこそばにしました……。

f:id:tisca:20180821190744j:plain

甘辛の鶏肉と温泉玉子のトッピング。おやこです。

おそばをずずーっとすすってときどき甘辛い鶏肉をかじり、温泉玉子は割れないように大事に大事にとっておいて、最後の2~3口になったときにつついてお蕎麦と軽くからめて飲み込むようにいただきました。

至福!!

いやぁ美味しかった!

お腹も膨れまして次は観光です。

今回の松江観光はレイクラインバスを利用しました。シーズンによりますが、明るいうちに2~30分に一本出ています。

観光名所やを押さえてて、車内のモニタでその次のバス停のあるエリアの歴史や見所が紹介されます。かなりためになりました。

見た目もちょっとハイカラレトロな感じで素敵なのです!(写真撮り忘れました)
で、運賃は一乗車につき一律200円なのですが、1日券は500円。3回利用するなら一日券がお得です。こちらは運転手さんからも購入できます。

スタンプや手書きで日付を記入するのではなく、スクラッチで利用日を削るタイプでこれも新鮮でした。(画像撮り忘れました)

さらにさらに!

「縁結びシート」のあるバスがあるらしいのです。

www.en-musubi.net

どのバスにあるかは分からないとありましたが、お蕎麦屋さんからの移動で乗ったバスで遭遇!

右列の前から二番目の座席に何やら怪しげな……。

f:id:tisca:20180821193509j:plain

当然いそいそと席を移動し、お告げ書をゲット。

f:id:tisca:20180821193745j:plain

f:id:tisca:20180821193830j:plain

降車の際に運転士さんに渡して、ちょっとしたものをいただきました。

本当にちょっとしたものですが、おお~!なるほど!とにっこりほっこりしたので、このほっこりを皆様にも味わっていただきたく、何であったかは載せません。生ものではないので、大事にとってあります。

是非現地で縁結びシートを探してみてください!

 山陰は「縁結び」「蟹」という最強のキーワードがあって、それらをとても上手に使っているなぁ、スタバは無いけど砂場はあるも上手ですよね。

堀川遊覧船も素敵でしたが、このレイクラインバスも使い勝手が良くて感心しました。

わたしの地元は多分全国で通じるあれこれがありますが、市の観光アピールが本当にへたくそで悲しくなります><

食べ歩きが落ち着いたら地元についてゆっくり書きたいと思っています。名古屋市内在住ではないです^^;

 

さておき、このバスで向かった先は松江藩主の菩提寺である月照寺さんです。

[第五番]月照寺 出雲國神仏霊場公式ホームページ

今回は天気が悪くて気持ちが後ろ向きになりかけていたのですが、そんな気持ちがふっとびました。

f:id:tisca:20180821194730j:plain

アジサイとハスの控えめな美しさが

f:id:tisca:20180821194751j:plain

じんわりと心に沁みました……。

雨に合う!

亀さんも

f:id:tisca:20180821195612j:plain

お庭も

f:id:tisca:20180821195639j:plain

雨でしとしとと濡れながら、「新品でピカピカできれい」にはない、ずっとそこにあった存在の美しさが感じられて、この日に訪問できて良かったです。